まずバーチャルオフィスというものは簡単に言うと、仮想の事務所という意味になります。それは言葉通り、郵便転送や電話転送、そして名刺記載や郵便受け、法人登記などの際の住所をレンタルしたりといった住所貸しというものになります。事務所を賃貸するとなるとやはりコスト面で大きな負担となります。その分、入会金や保証金のみで、敷金や礼金は不要のバーチャルオフィスは年々需要が増えてきています。なので、都心部に事務所を持つことが難しい小さな会社や、自宅住所を名刺等に記載するのに抵抗のあるコンサルタント等といった方が利用する際、そういった住所を借りるということのメリットを考慮されることが多いので、運営場所は都心部や銀座などの一等地に多い傾向にあります。そして運営会社によっても提供しているサービスが異なるので、契約する前には様々なサービス内容に関する確認を怠らないようにしましょう。

バーチャルオフィスを探す際のポイント

実際に銀座などの都内のバーチャルオフィスを探す際は、まずネットを使うのが一般的でしょう。ネットで検索すれば多くのバーチャルオフィスに関するサイトが出てきます。ではいったいどのようなポイントをみて、またどのようなことに注意するべきでしょうか。ひとつは、ただ住所があれば良いという方。こちらは、ほぼ価格の比較だけで決定すれば良いので、銀座といった都内の一等地で格安でバーチャルオフィスを借りることができるでしょう。しかし住所はもちろん、多目的に、そして有効的にバーチャルオフィス活用したいという方は、しっかりと吟味する必要があります。ネット上には様々なバーチャルオフィスに関するサイトが出てきます。ものによっては、詳しい周辺環境などに関する情報があまり載っていなかったりということもあるので、複数のサイトを比較しながら、見定めていきましょう。

どのような基準で選べばよいのか

バーチャルオフィスには様々な種類がありますが、実際に決定に至るにはどのようなことを重要視すればよいでしょうか。まず、基本的には住所を貸し出すサービスなので銀座などの一等地等ということを重要視する事ももちろんですが、それ以外にも、会議などを行えるオフィススペースのレンタルというものを提供している会社もあります。こういったところを利用すれば、必要なときに必要な分だけスペースをレンタルすれば良いので、不必要なコストを大幅に節約することができます。そしてバーチャルオフィスとして貸し出している住所には、運営している会社の店舗が入っていることがあるので、取引先様が急に来訪した際にも、代わりに対応してもらう事も出来ます。しかしそういった場合、運営会社の人が自分の会社の顔となるといっても過言ではない状況になるので、そのようなことも含め、選ぶ際にはしっかりと自分の求める条件を定めましょう。