銀座でバーチャルオフィスを利用する際に必要になる費用

新たに起業するという時に、抑えたい費用としてはやはりオフィスの賃料が挙げられます。もちろん安ければ安いほどいいので、バーチャルオフィスの相場をチェックしながら利便性とコストの兼ね合いがいい場所で、バーチャルオフィスを賃借するという事になります。東京のバーチャルオフィスの相場としては、家賃やその他の使用料から鑑みて人気と言えるのは山手線の周辺や、都心の中央部エリアとなっています。ただし山手線のエリア内でも渋谷や新宿というエリアは高くなるのに対し、駒込や御徒町という城北のエリアというのは家賃が抑えられています。そんな中、大人の街としてのイメージも強い銀座にも人気が高まってきているのです。ではそんな人気の銀座でバーチャルオフィスを安く借りられる方法をお教えします。

バーチャルオフィスを銀座で借りる時には最低限に絞る

それでは、そんな人気のエリア銀座でどのように安くバーチャルオフィスを借りるのかご説明します。少しでも安く借りる為には、必要最低限の広さ、必要最低限の設備を整える事を念頭に置きましょう。ついついバーチャルオフィスを扱う会社のホームページなどを見ると、憧れのマイオフィスに心も弾んでしまいますが、起業をする時の初期費用を抑える為にバーチャルオフィスを利用するという当初の目的から外れないように、そこはしっかり守っていきましょう。オフィスの広さについては、オフィスを利用する人数を把握しそれに見合った広さのオフィスを選びます。3人で会社を運営するとしても、その内の1人はほとんど外に出ているのなら2人のスペースでもいいかも知れません。事業が軌道に乗ればいくらでも拡大すれば良いのですから、始めはあくまで最低限の広さにします。

バーチャルオフィスを銀座で借りたいなら出来る事は自分達で

更に設備についても、最低限の設備のみを利用するようにしていきます。パソコンから周辺機器、果てはコーヒーを飲むためのスペースまでバーチャルオフィスを銀座で借りようと思ったら、本当に多種多様なサービスを受ける事ができます。しかしそのどれもがオプションのサービスである事を忘れないで下さい。便利な事は確かですが、利用すればするほど料金は膨らんでいくのです。せっかく賃料を抑えても、無駄なオプションを山ほど付けてしまっては何の意味もないので、ここの罠にはまらないように注意して下さい。例えばパソコン、デスクトップのしっかりしたものを必要としているのは、先程の3人体制ならその内1人の場合1台で十分です。他の人はノートブックなどを持ち込み使用するようにして節約します。コーヒーもまとめ買いして利用するなど、出来る所は節約して快適なオフィスライフをおくるようにして下さい。

銀座ではどのようなバーチャルオフィスが利用できるのか

初期投資額をなるべく抑えたい人や、新たに拠点を構えたい人にとってバーチャルオフィスはとても便利なサービスです。ネームバリューの恩恵が受けられる東京の銀座のバーチャルオフィスでは、料金に応じてお得なサービスが選べます。日本の一等地と呼ばれる銀座には、多くのバーチャルオフィスがあります。基本使用料が3000円からの安価なものを例とするなら、住所使用の許可や法人への登録手続き代行といった基本的な手続きの代行を委託可能です。その他にも追加料金でオプションが発生する場合もあり、取引先との会議が必要になった際には銀座での会議室の使用許可、ユニークなものだと個人秘書のレンタルなどのサービスが受けられます。バーチャルオフィスのサービスを行う会社によって条件は異なるので、自分に合ったオフィス選びが肝心です。

バーチャルオフィスを銀座に構える場合の探し方

銀座にバーチャルオフィスを構える前に必要なのが、利用する上でのサービスのピックアップです。どこまでのサービスが自分に必要なのかを見定めてから選ぶと、自分に合ったオフィス選びがスムーズに進みます。顧客とのやり取りの頻度を想定し、電話やファックスの必要性、郵便物のやり取りをオフィスとする必要があるかを考えて下さい。格安で済ませたい場合や週一回でも事足りる場合には、郵送頻度の低いオフィスに委託すると月々のコストカットに繋がります。目星をつけたバーチャルオフィスがまだの時には、ネット検索で探して見比べてみると便利です。会社ごとの基本料金とサービス内容、追加オプションで可能なメニューを読み比べ、自分に合ったものをチョイスします。そのサービス会社の実態を知りたい時には、その業者に連絡を取って応対を観察すると感触が掴みやすいです。

バーチャルオフィスを決めた後の確認作業

サービス内容とメニュー内容の確認をした後には、そのバーチャルオフィスがある銀座のビルの外観を確認する事をお勧めします。顧客がそのオフィスを訪れるケースが発生する事も想定すると、オフィスによってどんな印象を与えるかも会社選びのポイントです。どうしてもビルに足を運べない時には、航空写真や近辺の写真、会社のパンフレットを取り寄せて確認する方法が有効です。顧客との会談や会議が発生するかもしれない時には、なるべくビルそのものを訪れ、出来れば利用するかもしれない会議室やブースのチェックをした方が、顧客に後々スムーズに対応できます。業者の貸し出し物件によっては、敷金や礼金、もしくは保証金といった名目で別途費用が発生するケースもあるので、数社で迷っている時にはそれを考えて決めるのも一つの方法です。